-
ulalaca ??

Wine

ロワールワイン会 レポート

遅くなりましたが、ロワールのワインとチーズを楽しむ会のレポです♪
 
夏に飲みたいワイン!
やはりロワールのサンセール、ミュスカデなどではないでしょうか。
 
ということで、8月最終週の、皆さん少々夏バテ気味にはロワールのワインはぴったり!
ただ、ロワールとひとことで言っても、大西洋岸の海洋性気候のロワールと、シャブリにほどちかい内陸の大陸性気候、またその中間とでは全く条件が違う訳で、本当にバラエティーに富んでますよね。
フランスの庭園と言われるロワール。お城や綺麗な景色が見れるので、一度は行きたいですよね。今回は代表的なワインとチーズを紹介させていただき、ロワールに行った気になっていただきました。
 
ワインは、泡1、白3、赤3、デザートワイン1の8種。
 
 
泡は、なんとシュナンブラン種のヴァンムスー。なんとも高貴な香り、果実味、艶、はちみつ香。うっとりしますね。
シュナンブラン種は南アフリカでも作られていますが、なんといっても本家はロワール。
ワインお好きな方はよくご存じですが、今回は、このシュナンブランの素晴らしさをぜひ
皆さんに知ってもらいたいという意図もありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白は、ミュスカデ、アンジュブラン(これもシュナンブラン)、そして、プイィ・フュメ。
塩味があって、シュールリー製法で酵母のうまみがつまったミュスカデ。
黄リンゴを思わせる、シュナンブランらしさが詰まったアンジュ。
そして、ミネラリーなソーヴィニヨン・ブラン。特にこのプイィフュメは秀逸でした。
多分私、一人で軽く1本飲めます(^^;;
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
赤ですが、カベルネフラン、ガメイ、ピノノワールあたりが代表的ですが、
ロワールといえば、自然派の宝庫。ちょっといっちゃっている自然派のピノードニス種を少し冷やしめで。酸があって、飲みやすかったみたいで、ひと安心。
そして、カベルネフランらしさがよく出ているシノン。
サンセールの土壌の特長がよく出ているミネラリーなピノノワール。
全て違う個性を楽しんでもらえたと思います。
 
さて、チーズですが、、、
この地にはシェーヴル(山羊乳)が根付いていて。そしてワインにもよく合うんです。
シェーヴルは比較的白ワインと相性がいいのですが、今回は、熟成したサントモールドトゥーレーヌもご用意し、力強いシノンともあわせていただきました。ちょっとぴリっとするのだけど、旨味が凝縮してて、栗のような舌触りはもはや珍味ですね。
シェーヴル苦手な方もいますが、焼きシェーヴルのサラダは食べやすかったみたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に、これまたシュナンブランで造られた貴腐ワイン(コトーデレイヨン)とタルトタタンのマリアージュをお楽しみいただきました。先ほども書きましたが、ちょっと熟したりんごのようなニュアンスをもっているシュナンブランなので、絶対に美味しい!って最初からわかっていましたが、大成功!!夜なべした甲斐がありました(^-^)
 
 
ちょっとマニアックなレポートになりましたが、実際のワイン会は、お勉強モードはなく、会話に花が咲き、皆さん楽しんでいらっしゃいましたので、ワインに詳しくなくてもぜひ機会があればご参加くださいませ。
 
最後になりましたが、お写真を提供いただきました参加者に感謝申し上げます。
 

ワインで旅するシリーズ:北イタリア編レポート

 
5/27、実は初めて定員に達したワイン会、北イタリア編を開催しました!
 
 
今回は、全部で7本!
 
泡はロンバルディア、フランチャコルタ
白は、アルトアディジェのミュラートゥルガー、ヴェネトのソアヴァクラシコ
赤はバルベーラダスティ、アマローネ、バローロ、
そして今回はデザートワインのピコリット!
 
ずーっと4番バッター状態だったかな(^-^)
 
 
 
 
北イタリアと山岳地帯とパダノ平野でのチーズづくりも盛ん。生ハムも有名。
 
オードブルもイタリア風にしてみました(^-^)
 
 
 
 
 
 
今回はパルミジャーノの食べ比べもしていただきました。
パルミジャーノ・レッジャーノの基準に満たないグラーナ・パダーノ、普通のパルミジャーノ・レッジャーノ、ヴァッカ・ビアンカ(白牛)のパルミジャーノ・レッジャーノ、そして、パルミジャーノ・レッジャーノのバルサミコ漬け。白牛との味の違い、わかったかしら?
余談ですが、グラーナ・パダーノは、キッチン'sハズバンドと呼ばれ、お料理に大活躍。普段の粉チーズをグラーナパダーノのパウダーに変えるだけで、お料理が大変身するので、ぜひお試しあれ。
 
 
ピエモンテ、ロンバルディアのストラッキーノチーズ。
 
タレッジオはやさしいウォッシュ。
ゴルゴンゾーラは、ピカンテとドルチェタイプと両方ご用意しました。
日本ではピカンテが主流だけど、現地では圧倒的にドルチェ。トロトロで優しい味わいのドルチェも美味しいんですけどね。
 
 
 
 
というわけで、飲み足りない皆様はさらに4本のワインを開けてお帰りになりました!
ありがとうございました!次回はスパニッシュナイトで!

緊急告知! GWスペシャルグラスワイン

すでにお知らせのとおり、GW5/3~6は、4日間12:00-22:00でぶっ通し営業します!
旅行に行き損ねた方で昼から飲みたい方、お見逃しなく!
 
で、急ですが、せっかくなので、ちょっと美味しいワインを開けちゃおうかなと思います。
ちょっとお高めですが、旅行に行ったことを考えたらありかと(^-^)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どれもイチオシのこちらの3本です!
☆ピュリニー・モンラッチェ 2008 ポール・ガローデ 1杯 1,500円
☆シャトー・レオヴィル・バルトン 2004(サンジュリアン2級) 1杯 1,800円
☆ジュヴレ・シャンベルタン 2008 ドュジャック F&P 1杯 1,600円
 
5/3~6にお楽しみいただけます!
ご予約も承り中!!ぜひこの機会に!
 

今年最初のワイン会 無事終了!

ご無沙汰してます(^^;;
 
1月22日、予定とおり、
主要なぶどう品種を楽しむワイン会 ~ワインの基礎が学べるプチ講座つき~」
を開催しました。
 
ワインの基本をちゃんと理解して飲みたいというリクエストにこたえるものでしたが、
既に習得されている方も多いので、今回は最初から少人数でも開催と決意。
結局4名様にご参加いただき、楽しい時間を過ごしました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
 
プチ講座では、主要なワイン(ぶどう)産地、品種の特長と生産地、ラベルの飲み方などを中心に説明させていただきました。
 
そして、主要品種のワインですが、以下をお楽しみいただきました。
白:シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、リースリング。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
赤(黒):カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノノワール、シラー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全部普通に飲んで美味しかったので、お勉強モードというより、みなさん自分の好きな品種を見つけて楽しんでいたみたいで良かったです。
 
次回は世界のピノノワールを2/5(日)に開催します。今から楽しみです♪
7名以上の参加で参加費は6000円に下がります。お友達お誘いあわせいただいてぜひご参加くださいませ~

極上ボジョレー・ヌーヴォーが飲める店

超一流ワイン雑誌「ワイン王国」にほんの1行だけ、「うららかくにたち」が掲載されました。
その名も、「極上ボジョレー・ヌーヴォーが飲める店」の一覧。
 
 
 
 
 
 
ということで、明日17日、ボジョレー・ヌーヴォー解禁です!
 
うららかでは、自然派の巨匠マルセルラピエールの流れを組む3人の造り手の極上ヌーヴォーと、おなじみ国立ラベルの自然派・無濾過ヌーヴォーの4杯を
「極上・自然派ボジョレー・ヌーヴォー飲み比べセット」として3,000円
にてご用意いたします。17-19日の3日間、行っておりますのでぜひお越し下さいね。
 
また、自然派ボジョレーとぴったりのマリアージュとして、
・ジュラ山脈の季節のトロトロ・ウォッシュチーズ、「モンドール」1スプーン500円
・チキンソテーのミックスベリーソース 900円
ご用意いたします。
 
同時に、店頭にて、カジュアルに楽しめる
ワインコイン立ち飲みボジョレー・ヌーヴォー 1杯500円 
をご提供いたします。プチオードブルセットも一緒に楽しめますので、会社帰りにぜひ1杯ひっかけて行ってくださいね! こちらは、17:30-21:00となります。
 

イタリアの新酒 ノヴェッロ 本日解禁!!

 
11月6日は、毎年イタリアの新酒、ノヴェッロの解禁日です。
 
ボジョレー・ヌーヴォーは有名ですが、ボジョレーの場合はほとんどがガメイ種。
それに対して、ノヴェッロは各土地のいろんな品種で造っているので、個性もいろいろ。
 
 
今回は、昨年も好評だった中南部アブルッツォ州のファルネーゼ、そして北部オーストリアの
国境に近いトレンティーノ・アルトアディジェのLAVIS、2種類のノヴェッロをご用意させていただきました。
 
ファルネーゼはフレッシュなだけではなく、果実の旨み、厚みがあります。
Lavisは、酸が結構効いているタイプですね。
 
グラス1杯700円!
 
旬のものは、旬のうちに!
お待ちしてます!!
 
ちなみに、昨日あけた日本、ココファームワイナリーのヌーヴォー、のぼっこも好評でしたよ~!
「小公子」という山葡萄を使った微発泡の赤。
こちらも、まだそのうちグラスでお出ししますね。
お楽しみに~♪
 
 

今日のスペシャルグラスワイン!

先日告知したとおり、今日、明日はボルドー系のスペシャルです。
 
ポイヤック レゼルヴ・ド・ラ・コンテス 2003   
1,200yen
メドック格付け2級ピション・ラランドの2ndワインです。
ポイヤックらしい力強いワインです!
ぜひいらしてください!
 
なお、今週末13日のワイン会、引き続き募集中です!
興味のある方、ぜひぜひ!
 

スペシャルグラスワイン!

うららかのグラスワインの銘柄選定の基準です:
 
・必ず赤白各1銘柄は500円を入れる。
・他も極力600-800円で提供できるもの。
・いろんなタイプをご用意。(白なら、フルーティ、酸がキリっとしている、こってりしているなど、赤なら、軽めのフルーティー、果実味がある、タンニンが強いなど。。。)
 
そして、今回考えているのは、曜日を決めて1種類だけは、皆さんがなかなかボトルでは買うのに躊躇するスペシャルワインをお出しすることです。
1杯1000円を超えちゃうと思いますが、こんな世界もあるって知ってほしいし、知っている方にもリーズナブルに飲んでほしいし。
 
で、以下のようなスケジュールで考えてます。
 
・火・水:ブルゴーニュの村名ワインや有名な造り手のワイン
・木・金:ボルドーの格付け、あるいはそのセカンド、またはそれに順ずるワイン
・土・日:その他イタリア、スペイン、ニューワールドの注目ワイン
 
いかがでしょう?来週からでも。
 
で、今日は、上記の曜日しばりを完全に無視してますが(^^;;
ドメーヌ・ラモネ シャサーニュ・モンラッシェ 1er Cru Morgeot 2004 をお出しします!
グラス1杯(120ml) 1200円です!
 
早いもの勝ちです!
 
 

うららかワイン会 開催決定!

ご無沙汰してます(^^;;
 
2月は本当にあっという間に終わってしまいますね(汗)
飲食業界では二八を閑散期といいますが、そういう意味では早く終わってくれてよかったです(^-^)
 
さて、ついにワイン会を開催する準備が整いました!
 
ワインをこれから知りたい人、ワインを楽しく飲みたい人、お友達をつくりたい人、いろんな方に楽しんでいただける会にしたいと思います!
 
不明、不安なことありましたら、いつでもお問い合わせください!
ぜひ一緒にワインを楽しみましょう!

甲州の実力!

ご無沙汰です(^^;;
年末にPCの液晶が壊れて以来、なかなか自由がきかなかったもので(汗)
 
さて、月曜日は久々にワイン会に参加しました。
6種類のタイプの違う甲州種の山梨ワインを堪能!
甲州って結構あっさりすっきりとしたイメージで、、、
和食にはいいけど、味わいとしては物足りなさを感じる方も多いのでは?
 
ところが最近の甲州ワインの多様性にはほんとうに驚かされます。
 
ということで、今週はシャトー酒折のKisivin甲州2009を
グラス800円でお出ししてます。
 
お時間ありましたら、一杯飲みに来てください(^-^)/