-
ulalaca ??

勝沼ワイナリー遠足 レポート

すっかりレポートが遅くなってしまいましたが、、、
去る5月22日(日)に、お店のお客様12人と山梨県勝沼周辺のワイナリーをめぐる遠足に出かけました。1日で4軒を廻るという強行スケジュール(^^;; しかし皆さんのご協力のおかげで、混乱することなく、すべての予定をこなすことができました。
 
1軒目:シャトー勝沼
フランス専門インポーターのヴァンパッションさんとの共同プロデュースのプレミアワイン「鳥居平今村」ブランドにフォーカスしたセミナー、畑、醸造所見学、そしてテイスティングを体験しました。
 
「鳥居平」は、勝沼の中でも特別なテロワール。
水はけのよい礫(れき)の土壌&急斜面、寒暖さのあるミクロクリマ、日照量の多い南西向き斜面。勝沼広域の葡萄からのワインと鳥居平の葡萄のもの、醸造、熟成はまったく同じなのに、鳥居平のものはミネラルが豊富でミネラリストにはたまらなかったです(^-^)
 
テイスティングも、ヴァンパッションのご担当者の名ソムリエさんと造り手の方同席のもと、行われました。
今回は7種類のテイスティング。スタンダードなクラスからトップキュヴェ、そして、熟成されたものまで。参加者の皆様には、日本ワインの底力を感じてもらえたようです。
 
 
さて、ランチは地元の名物。ほうとう料理。4月に下見に来たときにタクシーの運転手さんに教えていただいたほうとうやさんへ。
 
お野菜も麺が美味しくて、一同食べ過ぎました(^^;; ひとりどんぶり2杯は行ったかな。
 
 
 
さて、午後は怒涛の3軒。
 
老舗の原茂ワイン。試飲ルームは昔の蔵のよう。
ここでの私のお気に入りは、ボトムラインの甲州種。
2階のカフェも素敵♪ 今回は利用できなかったけど、ぜひまた来よう!
 
 
 
 
ルバイヤートでは、社長の大村様から直々にご案内いただきました。
突然の雨で畑は見れなかったけど、その分、試飲ルームで充実した時間をすごせました(^-^)
お恥ずかしながら、これまで甲州種しか飲んだことがなかったのですが、赤、特に欧州系品種の完成度の高さには驚かされました。
 
 
4軒目のソレイユ
写真が取れませんでした(>_<)
ご夫婦だけでやっている小規模ながら、実力派のワイナリー。ここはぜひ皆さんに知ってほしかった。 そして皆さんにも感銘していただいたみたいでよかった!どれくらいの実力派かというと、「千野甲州」という白ワインが洞爺湖サミットの際、夫人の会食時にサーブされたほどです。
私はこの「千野甲州」、大好物のワインのひとつなのですが、すぐに売り切れてしまうため、
今回はテイスティングはできませんでした。残念!うららかの在庫、いつかグラスで出しますねー。そうそう、スタンダードなラインナップは、うららかでも時々グラスワインでお出ししてます。
ソレイユワインが飲めるお店でご紹介もいただきました。ありがとうございます!
 
以上、私の備忘録みたいな記事で大変恐縮ですが、レポートとさせていただきます!
ご参加の皆様、ありがとうございました!今度の遠足は、ココファームの収穫祭ですよ!
 
 

勝沼ワイナリー遠足 レポートに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment